放っておいたのに・・・
ここんところバタバタしすぎてなっちゃんの写真を撮ることがなかなかできてないんですよ。
なっちゃんファンの皆様ごめんなさいねー。(え?ファンなんていない??)

写真もだけど家の中も満足に掃除していないの。
ご飯と洗濯はしても掃除がねぇ。
片付けは好きなので次女の荷物もなくなったことだしそろそろちゃんとやらなきゃ!


覚えてますか? 今年1月に衝動買いしちゃった「バニーカクタス」っていうサボテン。
買ってから随分経つんだよねー。
6087.jpg

あれからね・・・実は1回もお水あげたことないのよ。
説明書にも年に数回程度でいいって書いてあったしね。
それにしても大丈夫かしら・・・って久しぶりに置いておいたところに行きました。
(凄い放置のしかたよねぇ・・・サボテンかわいそう)

うわっ!
9259.jpg
変化わかります?
薄い黄緑色の小さいポコポコがたくさん増えてるー。
いやぁ・・・とっても優秀な子だわ。
これから暑くなるともっと大きくなるのかしら?
楽しみだわ。
たまには見てやらないとね。笑


*******************************

こんな文庫でてます。
9260.jpg

どちらも幻冬舎文庫
「植物図鑑」 有川浩
「花の日本語」 山下景子


「植物図鑑」は随分前にハードカバーの時にご紹介しました。やっと文庫本になったわ。
作者の有川浩さんは「阪急電車」の作者さん。描写が私好みなの。 
植物を通じてとても季節感を感じる恋愛小説です。
今度「県庁おもてなし課」「図書館戦争」は映画化。 「空とぶ広報室」はドラマ化されます。
今人気の作家さんですよー。


「花の日本語」は小説というより図鑑。
普段知ってる草花の名前を漢字の和名で見るとちょっと違った印象。
ちなみにサボテンは「覇王樹」(はおうじゅ)っていうらしい。



今の時期「桜」のページを少し紹介しましょう。


夢ははかないものの象徴。人生も夢のようにはかないもの。
夢のようにはかなく咲いて散っていく桜の姿を自分たちの人生に重ねてみる。
昔の人は桜のことを「夢見草」(ゆめみくさ)と呼ぶようになりました。
旧暦の3月のことを「夢見月」と言います。夢見草が咲く月だから・・・・



素敵な表現の草花の名前は歌詞にも使われていますね。
「吾亦紅」とか「秋桜」とか「勿忘草」とか・・・ほらほら! ねー!
ちょっと大人の草花の本はどうですか?


9261.jpg
おっ! ここには「夢見犬」がいるよ。 


9262.jpg
でしょ? 笑



ランキング参加してみました。よかったらポチッと押してくださいね。


にほんブログ村 犬ブログへ


にほんブログ村

スポンサーサイト
Posted by あやゴンmama
comment:12   trackback:0
[その他
| HOME |