これが・・・
朝7時半には荷物がつくのでこの時間からパパはずーっと働いています。
荷ほどき、伝票との照らしあわせをした後、配達にもってくのと店頭に並べるのに分けて
付録のついたものを挟んでゴムでとめたりパックしたりします。
その後古い本を撤去し、新しいのを並べ、レイアウトを変えたりしてからやっと店内の床掃除。
ようやく開店にたどりつきます。

そういった作業の中で自分の好きそうな本を見つけるのが楽しみみたいです。
私の好きそうなのもわかってるからそれも見せたいんでしょうねー。
ま、読んでる暇はないので表紙で判断かな? 笑
後から店に降りてきた私の事務机にこんなマンガがおいてありました。

10517.jpg
「あの商店街の、本屋の、小さな奥さんのお話。」  高橋しん  白泉社


めっちゃ親近感が湧くタイトルの漫画ね。「小さな」は全然違うけど・・・笑
あ・・・全然見た目も違うわよ。 これって萌え萌え系マンガかぁ?って感じに見えない?
ま・・・内容は違ったけどね。


本屋さんに嫁いだのに・・・わずか1週間でご主人が亡くなったって設定。
残された奥さん。当然本屋のことは全然知らない。
いや・・・ダンナさんのこともよくしらないまま嫁いできたという。
この店の本を全部読んだら亡くなった旦那さんのことがわかるかもかもしれないという思いでいっぱいの奥さん。
棚にある本を次々読破していく奥さん。
しかし、生活のためにどうにかして本を売らなくていけない奥さんのとった行動は・・・

今の書店とは売り方が全然違うしあり得ないことなんだけど、
ところどころに書いてる奥さんの考えがね・・同じ本屋としては納得する部分もあるんですよー。
理想の本屋さんって感じに描かれています。 世の中こんなにうまくいかないけどさぁ・・・
漫画で教えられるってこと・・・時々ありますよねー。

先日の朝日新聞に書評が載っていた漫画です。

*************************

私ね・・・去年の秋くらいから肩が痛いんですよ。
いつもいつも痛いんじゃなくってある角度や姿勢のときに「イタッ!」って言う程度。
今年に入ってからは寝てるとき横向きになって右肩が下になったら痛くて目が覚めるの。
私、結構寝がえりを打つほうだからね、ついつい右肩を再び下にして「ウ~・・」って目が覚めるを繰り返してる。
棚卸はもう終わったけど、棚の一番上の本を引っ張り出す作業が痛いんだー。
ねぇ・・・パパ知ってる? 黙ってやってるけどね、痛かったんだよ私。

これが50肩? そうよねーきっと。 
ガオ母さんも今苦しんでるよねー。 
10518.jpg
うちに来たお客さんに聞いても病院も行かなかったけどそのうち治るからねーって言われたわ。
でもね・・・これがいつまでって続くのかわからないのは嫌だな。


*****************************


なっちゃん毛がもこもこ増えてるんですけど、なんだかおかしなことに。


10523.jpg
わかるかな?シッポに段差があるの。
シッポの半分から先は全部新しい毛なんだけど、根元に近い部分は元からの毛にさらにびっしり生えてきてね。
寒いのもあると思うけど、毛の密度が高くなってね増毛すぎると思いません? 笑
背中もお尻のほうも毛がすっごいモコモコになってまーす。
手触りは最高にいいので問題ないんですけどねー。


次回も毛のお話を・・・・・




ランキング参加してみました。よかったらポチッと押してくださいね。


にほんブログ村 犬ブログへ


にほんブログ村




スポンサーサイト
Posted by あやゴンmama
comment:12   trackback:0
[その他
| HOME | next