FC2ブログ

会いに行くまでがなかなかだった
なっちゃんがいなくなってから1か月はしょっちゅう泣いていました。
普通に仕事して普通に生活はできていましたが、
体は元気なんだけど、心の奥では元気が全然出なかったといえばいいかな。

いつまでもメソメソしてもだめだとはわかっていてもなにかにつけて思い出すのは仕方ない。
そんな思いを持ったまま四十九日になって遺骨を霊園に納める日がきました。
手放すさみしさと、ちゃんと供養して区切りをつけて、私たちも前に進まなくてはという思い。
手を合わせて、空を見上げて、何度もふり返って見つめたお墓。

家から離れた霊園だったので昼食をとってから帰ることに。
途中パパが「ちょっと寄りたいところがあるから」って。

着いたところはブリーダーもしている知らないペットショップ。
納骨したその足で寄るなんてと長女と私はむっとして車から降りませんでした。
待つこと30分。
パパはビーグルがいないかの情報を得たかったみたいです。
残念ながらそこにはいなかった。
でも支店(徳島)にはいるから写真を送りますと言ってくれたと報告してきたパパ。
正直ね・・・「どんな神経してるの?」ってイライラしていたんです。
ま、その時は黙っていました。

翌日パソコンに送られてきた写真を興奮して私に見せたパパ。
13153.jpg
なっちゃんに似てる・・・。
何度見ても似てる・・・。
こんなことあるんだー。
体は子犬だけど顔がなっちゃんじゃん!!

会ってみたい。でも嫌。
私はまだその時じゃないような気持のほうが強かった。

兄弟が他に松山にもいますよーと送られてきた写真。
その子もなっちゃんに似てた。
「これは飼えってこと??」「いやいや・・・そんな気にはなれない」

その子は車で1時間足らずのお店にいると聞いたのですが・・・やはり私は会いに行く気が起きない。
数日後パパと長女が会いにいって抱っこさせてもらった動画をみました。
「かわいい~。似てる~。」
でも・・・・なっちゃんじゃない。

実はパパも娘たちもなっちゃんがいなくなって元気がない私を心配して
「母さんにはまたワンコがいる生活のほうがいい!」って思ってくれていたのだそうで。
その時がきたらみんなでお金出し合うと決めていたそうです。

徳島の子も松山の子もかわいい。
実際に会って抱っこしたらきっと連れて帰りたくなる・・・・・でも100%迎えたい気持ちはない。
ずっと迷うってことは、あの子たちはうちに来るべき子じゃないのかもって。

お店の方がこれから出産がまだありますからと教えてくれたので
「どちらの子も可愛いのですが、今度生まれる子を待ってみて考えさせてください」
「女の子を希望しているので、女の子がもし産まれたら教えてください」とパパはお願いしました。

それから1か月あまり経った6月17日にメールが来ました。
「産まれました。全部女の子ですー」って。笑

なんだかね・・・・「ママ・・・ぐずぐずしてないで見に行ってみたら?」ってなっちゃんに言われた気がしました。

目が開いて顔つきがしっかりしてきた7月9日に長女と私で会いにいってみることに。
13154.jpg
お母さん犬は妊娠中のときにパパが見ているので顔がわかっていましたが
お父さん犬は知らなかった。
お父さんはどんな子ですか?って尋ねたらパソコンの写真でよければってみたら・・・・
なっちゃんの顔だった。驚
「なっちゃん、性別変わってパパの顔してここにいるの?」って一瞬思ったわ。
これはもう偶然にしては出来すぎ。

前にパパが会った松山の子も写真を送ってもらった徳島の子も今回の小さな子たちのお父さんもみんな一緒。
なっちゃんパパ(?)が「ママが元気でるかも」って思って引き合わせてくれたみたいだったよ。



続きます。。。


8月10日(3日目)の様子
13157.jpg
トイレの位置にいると皆の気配を感じられるとわかったようで・・・・


13158.jpg
ケージの金網の隙間にカメラのレンズがちょうど入ったので障害物なしにうまく撮れました。
小さいのにいっちょまえにカキカキしています。


「動く」のはもう少し待っててね~~。笑


ランキング参加してみました。よかったらポチッと押してくださいね。


にほんブログ村 犬ブログへ


にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted by あやゴンmama
comment:8   trackback:0
[こなつとのぞみ
| HOME |