アン
10909.jpg
赤毛のアンの関連本がたくさん出ています。

子供のときにそんなに読書家ではありませんでしたが、なぜか「赤毛のアン」は何回も読んだんですよ。
空想にふけるアンの性格や行動は謎でしたが、
物語にはお料理(特にお菓子)が出てくる場面があったので好きだったのかもしれません。
やっぱり子供の時から食いしん坊ってことかー。 笑
そんなことを思い出しながらこの雑誌を手にとりました。
10910.jpg


わぁ! 私の思ってることがページになってる!!
10911.jpg


10912.jpg
そうそう。おいしそうよねぇ~。


**************************

10908.jpg
これは設定が「赤毛のアン」にいろいろ似せてる内容?
表紙のタイトルがアンじゃなくって「ダイアナ」。おまけに本屋??

ダイアナっていうのはバリバリの日本人なのにこの名前をつけられちゃった女の子のお話。
名前が変わってると・・・・ま・・・いろいろ子供のころから苦労があるわよー。
いい思い出じゃなくねー。
私も少しだけその気持ちがわかるだけに一気に読んだ本です。

現代版なだけに「赤毛のアン」とは違うリアルさがまあ・・・いろいろと。
新聞の書評欄に紹介された本です。


*************************
こんな写真集出ました。
10916.jpg
よくこの仕事ひきうけたなぁ・・・なんて思ったり。笑

佐川男子の次は国防男子なのか?

そういえばね大昔の話なんだけどね・・・。
独身のときに「着付け教室に習いにいったことがあるんですよ。
3ヶ月コースみたいなやつ。
厳しい先生でね(言い方がきつい)苦手でした。
3ヶ月終わって開放されたんですけどね、ある日家にその先生から電話がかかってきました。

「何? 何かしたっけ??」って一瞬思ったんですよ。違ってました。

「あなた! お見合いしない? 私の親戚の子なんだけど自衛隊にいるのよ!
自衛隊は嫌い? 嫌いならやめさせてもいいからー! お見合いどうよ~!」って。

いやぁ・・・・すごい勢いで押し付けられそうに・・。笑
苦手だった先生なだけにどう答えたらいいのか・・・。でもそんな話もってきてくれたりするんだーなんて思ったり。
30年も前。まだパパと知り合う前のお話です。(自分で書いて30年前って!!って驚いた)

もしかして私、自衛隊妻だったかも?? いやぁ・・・・人生わからないねー。爆



ランキング参加してみました。よかったらポチッと押してくださいね。


にほんブログ村 犬ブログへ


にほんブログ村




スポンサーサイト
Posted by あやゴンmama
comment:23   trackback:0
[その他
comment
私も好きだったなぁ。
赤毛のアン。友達と二人で、毎バカなことしながら帰ってた。
バカなこと・・・・・それは、帰りの橋に名前つけたりね。
ま、アンの世界を自分たちの中で作っていたわけよ。
私のかわいい頃ね。

お見合い話には笑えた。
そうよねぇ、人生はいろいろ。
で、着付け覚えてる?
2014/05/19 07:05 | | edit posted by mimi
あ、わすれた・・・・

ごきげんよう・・・・・・
          さようなら・・・・・・
2014/05/19 07:20 | | edit posted by mimi
近いうち美味しいおやつケーキが焼かれそうですね~!
いいなぁ。美味しそうだ~な。

30年。早いよね・・・・ほんと。
私もそういうの思ってたばっかり。

配偶者って 偶然配られた者 って書くでしょ。
偶然なのよ。。。|* ̄∇ ̄|
2014/05/19 09:23 | | edit posted by かのんおーれ
赤毛のアン、大好きだった☆
大人になってからも単行本揃えたり。。
又読もうと思ったら探せなくて(泣
景色や色が目に浮かぶ、大げさに言うと
緑の匂いまで感じるようなそんな本だったなぁ。

配偶者、かのんおーれさんの『偶然配られたもの』に
気づかされた〜、そうか、偶然か〜、納得!(笑
2014/05/19 10:50 | | edit posted by ポキママ
↑のコメ
かのんおーれさんの『偶然配られたもの』と
気づかされたポキママさん
そして私も納得(笑

私もお見合い話あったなぁ
建設会社の2代目
その方を配られてたら今頃社長婦人?(笑

赤毛のアンの記憶はイチゴ水!
学生の頃に赤毛のアンの料理本昔持ってたんだけどなぁ
カラーでなくて しかも料理も写真でなく絵だった気が・・・

料理本・・・買って満足して
そして毎日代わり映えのない食卓。。。

ごきげんよう さようなら




2014/05/19 14:42 | | edit posted by こたママ
ふふっ 
人生何があるのか
分からないところが良いのでしょうね
30年・・
本当 時が経つのは早いね
ワタシなんか 忘れかけていますよ

それでは ごきげん様!
2014/05/19 16:25 | | edit posted by ランまま
あやゴンmama様、なっちゃん、
うーん、赤毛のアンは読んだことが・・・、
多分あるんだろうけど記憶に無い!!
朝ドラは見てます~~、原作はちらっと立ち読みして終わっちゃった(ーー;)
あんまり女の子した話は読まなかった記憶が(苦笑)
ツバメ号とアマゾン号とかね、十五少年漂流記とかね。
冒険ものが多いかな?
女の子らしい・・・本????
あ、若草物語!!!!!
2014/05/19 17:29 | | edit posted by たっぺねーさん
赤毛のアン読んだな
でも、もう忘れちゃって詳しくは語れない^^

わたしも女の子らしい物は好まなかったような^^
動物好き^^絵が好きみたいな^^
配偶者ね、いますけどね。。。ま、こんなもんですね
私の人生^0^;あはは。。サスケと出会ったからいいの
2014/05/19 21:35 | | edit posted by サスケ母ちゃん
本とか、アニメとかに出てくる料理やお菓子っておいしそうにみえたりしますよね~
私は、魔女宅に出てきたおソノさんのお店のパンとかラスク、キキが作るホットケーキやソーセージが美味しそうでたまりませんでした(笑)

私は航空自衛隊男子が好きv-10
でもこの収入ってどこにいくんでしょうね・・?
2014/05/19 22:17 | | edit posted by さい
私、こう見えて幼い頃は今より読書家でした。
母方の祖父母が(母も)本好きだったので幼い頃から童話の本なんかは山のように買ってもらった覚えがあります。
mamaさんと同じで、食べ物が出てくるお話は興味深かったな(^^)
・・・もし、mamaさんが自衛隊妻になってたら、こうして巡り逢えてないからダメ~(T_T)
2014/05/19 22:38 | | edit posted by アンナ
赤毛のアン、子供の時に読んだ記憶はあるんですが、あんまり覚えていないんです。もう一度読んだ方がいいかもです。笑

今はこんな写真集が出ているんですね。すごい。。。

ママさん、お会いしたことはないけど、本屋さんのママさんのほうが絶対お似合いだと思います。笑
2014/05/20 00:03 | | edit posted by マックスまま
朝ドラは毎回みてますがアンのお話の記憶が・・・
あまり本を読まない私が大好きだった本はグリム童話
挿絵から想像がふくらんで~~~
レシピ本ばかり昔からみてて、だけど腰を上げないxx

元国防の娘ですが・・・義父も元国防・・・
お見合いではありません!二人は知り合いですpp
知らぬ間に洗脳されてるのでしょうね~
国防のカレンダー好きなんです@@




2014/05/20 08:47 | | edit posted by みんころ
mimiさんへ
おんなじ感覚のお友達がいてよかったねぇ。
想像の遊びって当事者にしか楽しめないものねぇ。
橋に名前かー。外国なら想像できるけど・・・日本で・・・う~~ん・・・。 笑

そうなのよねー。
お断りするすべをなかなか思いつかなくて長時間説得された覚えが。
結局付き合ってる人が今いるからということでお断りしたはず。

着付け? 伊達絞めするあたりまでなら。帯はうろ覚え。
娘たちの浴衣を着せるので帯を久々に結んだくらいしか機会はなかった。
ま・・それでも着せる事ができたから良しと自己満足。 笑
2014/05/20 13:10 | | edit posted by あやゴンmama
かのんおーれさんへ
え? なんだって??
レモンパイのことかしら? パイは作った事あるけどレモンパイはないなー。
中のクリームがどうなってるかしら?
実際食べてみないと作るイメージがわかない? 笑
だれか買ってきて!!

偶然ねぇ。 おまけに配られるって?? 笑
なんかね・・・よくいうよねー。宝くじみたいなもんだって。
当たりかはずれかは人生終えるまでわからない・・。
2014/05/20 14:13 | | edit posted by あやゴンmama
ポキママさんへ
なんかアンが好きってママさんのイメージにぴったりだわー。
お会いしたことはないけどね・・でもぴったりって感じがする~。

かのんおーれさんの言葉に納得は私もよ。
うまく表現された言葉よねぇ。 笑
で・・・ママさんの偶然はどうだった?? 笑
2014/05/20 14:18 | | edit posted by あやゴンmama
こたママさんへ
あはは~なんかかのんおーれさんの言葉に反響が!!
配偶者って支配されてるようなイメージだったけど、そうじゃないんだーって思ったりしなかった?
深いい言葉教えてもらった気がします。

あ~あるある。 あのときの人と結婚してたらって考えね。
パパにもいうことあるよー。「あの子と結婚してたらどうだったかなー?」ってね。 笑
脅しじゃなくて、単なる質問。
もしかしての対象になる人がほかの人と結婚しれ、その生活をちらっと見る場面に出くわしたときに「しなくてよかった」って思うことのほうが多いなら今が幸せね。

アンのりょうり本! へぇ・・・そんなのあったんだー。
挿絵の料理本・・・なんかカフェとかに飾っていそう。
ママ!探して見せてよ! むり~?
2014/05/20 14:25 | | edit posted by あやゴンmama
ランままさんへ
自分が思い描いたとおりの人生なんてありえないですよねー。
そんな人がいるならお目にかかりたいわー。
いや・・きっとそんな方とは話が合わないかも?
いろいろあるから成長するきっかけにもなるんじゃないかなー。

悪い事は忘れてもいいことは覚えておきたい。
が・・・悪い事のほうがずーっと覚えていたりするね。悲しいかな、まだ私は人間ができてないんだと思うわ。

ママさんは・・・どうですか?
いつも一生懸命なイメージのママさんだからいつも前向きでいれれるよう心がけているのでしょうねー。
2014/05/20 14:31 | | edit posted by あやゴンmama
たっぺねーさんへ
本の好みってあるからねぇ。
ねーさんタイプなのが長女。
女の子した感じのストーリーは苦手。
ドラマも漫画も恋愛系はいっさい見ない。
乙女な感じもたまには見て「キュンキュン」するのも大切だと親の私のほうが勧めたりするんだけどね。
見ないわー。 さみしいわー。笑

若草物語! ええと・・・きっとジョーが好きでしょ?
違うかなぁ。
2014/05/20 14:37 | | edit posted by あやゴンmama
サスケ母ちゃんさんへ
あれ?たっぺねーさんタイプの方がここにも? 笑

子供のころに読んだ外国の物語は家にあった全集ものだった。
だからめったに書いていない挿絵も白黒のこわ~い感じでね。
今でも忘れないのは「ああ無情」の挿絵が子供心にかわいそうだった。
小・中に読んだものって案外覚えているもんですよねー。
ま・・・ほかに室内で遊ぶものもなかったからでしょうけどね。

「こんなもん」って・・・爆
サスケくんとであった事のほうが重大!? パパさん・・ガンバレ~。 笑
2014/05/20 14:44 | | edit posted by あやゴンmama
さいさんへ
あ~~わかるわかる!
魔女の宅急便のもおいしそうだったねぇ。
「ラピュタ」のパズーが出発前に急いで焼いた目玉焼きをパンにはさんだサンドイッチもおいしそう。
長女はよくあれを作ってはラピュタパンと名づけて食べています。笑

飛行機乗りですかー。 あ・・この表現は紅豚ですね。 笑

そうかー。そんなこと考えなかったなー。 どうなんでしょう?

2014/05/20 14:51 | | edit posted by あやゴンmama
アンナさんへ
いやいや・・・こう見えてないですよー。
そんな感じ感じ。 笑

おうちに山のように買い与えてくれる環境だったんですかー。
それは素敵ですねー。
私はね、家にはそんなものなかったです。
本を読んでくれるような環境では育ってないなー。
私は3人兄弟の真ん中。
「ほうっておいても元気に育つ子」として放置されていました。
すぐに熱の出る姉や年とってからできた男の子として大事に育てられた弟とは違って元気の塊だったからー。 笑

そう?ウフフ・・・うれしいお言葉いただいちゃった♪
ほんとだねー。 ブログやってないかも?で・・こうして会えてないかもだもんねー。 ご縁はありがたい!
2014/05/20 15:01 | | edit posted by あやゴンmama
マックスままさんへ
子供のときに読んだのですが、アンシリーズとして続きは大人になってから読みました。
続きがあるのを知って手に取ったのは本屋の嫁になってからのこと。
私、恥ずかしいけど、高校大学とあんまり本は読んでないんですよねー。
人生のうちで今が一番読んでいると思います。
やっぱり身近に本がある環境にないとなかなか読書ってできないかもですねー。

そうですか?
今でも学生時代の友達には私が商売人に嫁にいったことは驚かれるんですよー。
他人としゃべるイメージじゃないんでしょうねー。
2014/05/20 15:12 | | edit posted by あやゴンmama
みんころさんへ
ドラマとお話の設定が時々同じ感じなのを見るとうれしくなりますね。
グリム童話・・・私もよく読んだよー。
緑色の表紙の本だった。 なぜかそれは覚えてる。 笑

きゃ~! いた!! 意外なところからいた!! 笑
こうやって記事にすると意外なところで話が通じることもよくある話。
そっかー。そうなのかー。
もしかしたら私もそのお仲間に?? 笑
なんか今回は笑えるエピソードでしたね。 お互い。
2014/05/20 15:31 | | edit posted by あやゴンmama
comment posting














 

trackback URL
http://konasuke.blog93.fc2.com/tb.php/992-cb4fa63d
trackback